就職や転職を行う時は面接を突破しなければ仕事が決まりませんね。

雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度

雇用形態別による面接の難易度

就職や転職を行う時は面接を突破しなければ仕事が決まりませんね。面接を突破する為の難易度は雇用形態によって全く違います。一番難易度が高い雇用形態はどのような職業でもやはり正社員です。応募した会社の社員を目指すわけですから、厳しい面接を乗り越える必要がありますね。正社員の次に難易度が高い雇用形態は特にありません。アルバイトとパートと契約社員、この3つはどれも非正規であり、似たような難易度で正社員に比べると簡単に面接で採用を貰いやすいですね。

非正規雇用の中でも一番面接が簡単なのは派遣社員です。面接が簡単というよりは、面接自体が存在しない事も良くあるので、アルバイト等の雇用形態に比べると派遣は本当に簡単に就労先が決まります。どうして派遣は面接が無いのかと言うと、これは基本的に派遣のシステムがポイントですね。派遣は派遣先から人材の抜粋と人員補充などを任せられていると考えれば分かりやすいです。

雇用形態にこだわらずにとにかく簡単に仕事を見つけたいなら、派遣から仕事を探してみると良いです。派遣でも面接を受けることがありますが、その場合も担当者と一緒に軽い面談という形で面接を受けるので、非常に簡単に採用されます。

就職・転職・求人・求人は、ココを一度覗いて下さい