派遣の仕事に参加する時、基本的には仕事を見つける過程において面接が無いことが殆どです。

雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度

派遣の仕事は面接が無いことが多い

派遣の仕事に参加する時、基本的には仕事を見つける過程において面接が無いことが殆どです。流れとしては派遣会社へ登録をしてから、派遣会社の担当者と仕事について相談をして、どのような仕事に参加するのか決めることになります。参加するかどうかは一度派遣先の職場を見学できる事もありますし、契約内容に納得できるならサインをすれば仕事に参加出来ます。このような流れで派遣の仕事が決まるわけですが、基本的に面接という場が設けられる事は少ないです。

派遣会社から仕事の情報を教えてもらうと、その仕事を見学する際に軽く派遣先と面談をすることはあります。しかし、これは形としては面接と似ているものの、面接ほど緊張感があるわけでもなく、本当に簡単な面談という感じであり、仕事についてあれこれ内容を教えてもらうことが出来ます。このようにして話を聞いた上で、仕事に参加できるかどうかを自分で判断して契約をするという流れになるので、通常の職探しのように気が重い面接という場は殆どありません。

面接を受けることが苦手という人は派遣から仕事を探すのが良いです。簡単に仕事を見つけることが出来る事は、一つの派遣として働くメリットでもあるので、都合良く派遣を活用してみると良いです。