就職活動や転職活動で、ポイントになるのは面接になります。

雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度
雇用形態別による面接の難易度

面接の自己アピールとマナー

就職活動や転職活動で、ポイントになるのは面接になります。ある程度は質問を考えてきていても、面接官はその人となりを見ているために、素直な表現をしておくことが重要となります。受かろうと思ってついつい見栄を張ったり、普段はやっていない行為をすると違和感が見えてしまうので、失礼のないマナーは大事ですがやりすぎはマイナス印象を与えることを覚えておくことです。

通常の面接では、まず名前を言ってくださいいわれます。面接の自己アピールというのは、実は採用されるポイントになっていることが多く、履歴書に書かれていることでは、わからないことが自己アピールでわかることもあります。それは本人から発せられる言葉を聞いています。はっきりとアピールができるのか、そして聞きとりやすい言葉なのか、声の大きさや、雰囲気を感じることによって採用担当者が良いイメージを持つことも多いです。自己アピールは簡潔にすることも大切ですが、氏名と職務経験などを、1分以内に話終わることがマナーになります。

そして、間違っても、自分の趣味や関心事を話していけないです。自己アピールではフランクな感じで話すというよりも、より深みのある経歴を話すことで心象を良くします。